【第22回:実践】不用品置き場を運営してみよう

ゆとり先生くん

前回は、職員室の中に児童机を置いて不用品置き場を作りました。今回は、そこに物を置いて捨てるまでについて解説します。
前回は蛇口を作ったから、今回は水を流していくって訳ね。

ベテラン校長先生

楽しみ!

新婚先生ちゃん

ステップ①  物の流れを知ろう

学校準備室から流れた物は、職員室を経由して不用品置き場①に溜まります。

捨てる前にみんなで確認すれば安心です。

ステップ②  捨てていい物、だめな物

捨てていい物は、今使っていない物多すぎる物壊れている物古い物などです。

捨ててだめな物は、今使っている物新しく来た教材PTA会費で購入した物保管書類などです。

じゃあ、存在が忘れられている物は大抵ゴミね。

新婚先生ちゃん

ステップ③  捨てる物をピックアップしよう

ここが学校準備室なんですね。初めて入るかも。

一般の教員にはなじみが薄いかもね。

学校準備室って教頭さんとか教務主任さんが管理しているよね。いらない物だって私たちが勝手に判別していいの?

その辺が難しいと感じがちですよね。そんな時のための技を1つ教えますね。

【時間がなくても教務主任と協力して物が片付けられる方法】


①まず箱を2つ用意します。

 

②1つ目の箱に不用品置き場に持っていく物を詰めます。

 

③時間があるときに教務主任にチェックしてもらい、やっぱり取っておく必要がある場合は2つ目の箱に移動させてもらいます。

 

④1つ目の箱に残った物が不用品です。

これなら時間がない時にもできそう!

ステップ④  廃棄札と移動札を貼ろう

不用品置き場に置いた物には廃棄札移動札を貼ります。
じゃあまずはワシから。

これでヨシ!

校長先生めっちゃ可愛い字書きますね。
チェックボックスに丸打つ人初めて見ました。

いいの!


じゃあ今度は私が。

コメント欄はこんな風に使えばいいですか?

完璧です。
完璧です。

ステップ⑤  実際に運営してみよう

これで廃棄システムが完成しました。ちょこっと説明します。

職員室の中から500kgものを捨てるファーストステップが終わりました。あとは1ヶ月くらい運営できれば勝手に物が減っていくことになります。

あなたがやることは、教材室から1つずつ物を持ってきて置くだけ。10分もあればできます。簡単でしょ。

 

そして、この日から職員室が「毎日物が1つずつ減っていく環境」になります。

物が減ることが日常化するとどんないいことがあると思いますか?

1週間目くらいで、見た目にスッキリします。

2週間目くらいで、学校は不要な物で溢れていることを実感します。

3週間目くらいで、行事とかも減らせないかな?という声が自然に上がります。

4週間目くらいで、具体的な削減案を話し合う土壌ができます。

最後の一文が本当に重要です。

働き方改革のために減らす空気さえ作ることができれば、「もっとこうなればいいのにな」という想いは全て叶いますよ。

興味をもったら是非トライ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です